03-3985-7719

[OPEN] 平日&土 10:00-19:00 日曜&祝日 12:00-18:00
[CLOSE] 第2・4火曜、毎水曜(11月-2月は毎火曜&水曜)

お手入れのコツ

ウエットスーツのお手入れ方法

ウエットスーツお手入れの基本

せっかく作ったオーダーメイドスーツ。いつまでも大切に長持ちさせたいですよね。お手入れのポイントはそんなに難しくありません。コツを覚えてぜひ長持ちさせましょう!

ウエットスーツ編

まずは基本のお手入れは以下の通りです。

【洗う】使用後は真水でよく塩を洗い流す!洗い残しはニオイのもと
【干す】風通しのいいところに陰干し。直射日光は避けましょう
【保管】肩口が太めのハンガーにかけるか、場所があるなら広げて置いておく

気をつけたいポイント

スーツはお湯が苦手です。硬化を速めてしまうので気をつけましょう!

「早く乾かしたい!」でも脱水機にはかけないでください。スーツが裂けます。

裏返しのまま折りたたまないこと。表にシワが残ります。

たたんだまま長期おいておかないこと。折ジワが取れなくなるだけでなく、その部分のスポンジがつぶれてしまいます。

ドライスーツ編

【洗う】エキジット後、スーツを着たままシャワー等の真水で塩を洗い流す。バルブやファスナーにも水をあてて塩分を取りましょう
【干す】肩口が太めのハンガーにかけて陰干し。ファスナーは開いて汗を飛ばしましょう
【メンテナンス】ファスナーにロウを塗り込む。開閉がスムーズになるだけでなく、青さびの発生防止にもなります。
【保管】太めのハンガーにかけます。ファスナーは閉じて、クセがつかないようにします。

気をつけたいポイント

持ち運び時の注意:
折りたたんで運ぶ場合は、ファスナーは開けたままにしましょう。また、バルブとブーツのかかと部分にあて布をしてスーツ本体を傷めないようにしましょう。

ドライスーツの洗濯について:
ドライスーツは丸ごと洗うのが難しいものです。汗はなるべくインナーにしみこませるようにするといいでしょう。そのためにも、長袖×長ズボンの着用がおすすめです。どうしてもニオイが気になる場合は、ブーツより上の部分を裏返して陰干しするか、薄めた中性洗剤で洗います。この際、ブーツに水が入らないように注意しましょう。

-お手入れのコツ

Copyright© ジェノバ工房 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.