ウェットスーツ、ドライスーツのフルオーダーメイド専門店 ジェノバ工房 池袋

 

 申込みして出来上がるまで

ウェットスーツのデザイン選び

.
スーツのタイプ、生地、デザイン、カラーなどの説明を受けてどれが良いか選びます。
用途(ダイビング、サーフィン、スノーケリング、など)をお伝え下さい。

 

 

 

ウェットスーツの採寸

.
採寸をします。水着になる必要はありません。(詳しくは、よくある質問「採寸時の服装」
なお、ドライスーツのご注文の場合は別途ブーツの試着もしていただきます。

 

 

 

 

オーダースーツの型紙

.
オーダーシートの採寸結果を基に必要な微調整を加えながら一人ずつの型紙をとります。
着心地の良さはここでほぼ決まります。

 

 

 

 

ウェットスーツの型紙

.
注文の生地に出来上がった型紙の線を引いていきます。
出来上がったときの見た目がきれいになるように、生地の特性を活かしながらの大切な作業です。

 

 

 

ウェットスーツ生地裁断

.
線に沿って生地をカットします。このとき、ゴムの弾力でカット面が斜めになったりしないよう
注意してハサミを入れていきます。

.
カットされたパーツを貼り合せていきます。

 

ウェットスーツの仕上げ

.
貼り合わせた所をミシンをかけたり、ファスナーなどのパーツを取り付けていきます。
スーツのタイプによって、「6」と「7」の作業が繰り返されます。

 

.
最後に仕上がりの点検を行い、完成です。

 

 

【トップに戻る】