ウェットスーツ、ドライスーツのフルオーダーメイド専門店 ジェノバ工房 池袋

お手入れ方法

スーツのお手入れのポイントを押さえれば、長持ちさせることができます。

ウエットスーツ編

 使用後は、きれいな水(真水)でよく洗い流しましょう。洗い残しがあると臭いのもとになります。

 干すときは、陰干しします。直射日光に当てないようにしてください。脱水機には絶対かけないでください。

 保管は、太めのハンガーに吊るしてください。場所があれば広げてもOKです。裏返したままにしたり、畳んだままにしたりしないようにしましょう。

ウエットスーツ着用ポイント

ウエットスーツのファスナーには必ず「裏あて」がついています。これは水の浸入を防ぐ大切な役割をしています。下記写真は背中ファスナーの例ですが、「裏あて」がピッタリとファスナーの裏にあたるように着ましょう(写真「緑色」の部分が裏あて)。きちんとあてられていないと、ファスナーから水が入りやすくなりますので注意してください。

背中裏当て

 

ドライスーツ編

 エキジット後、スーツを着たままシャワー等の真水で塩を洗い流します。バルブやファスナーにも水を当てて塩分を取りましょう。

 干すときは、太めのハンガーに吊るして陰干しします。直射日光には当てないでください。ファスナーは「開いた」状態にします。

 保管は、太めのハンガーに吊るします。ファスナーは「閉じた」状態にします。ブーツが重たいので下に台を置くとよいでしょう。場所があれば平らな所に寝かせてもOKです。

 お手入れとして、ファスナーにはこまめにロウを塗りましょう。開閉のスムーズさが断然違ってくるうえ、さび防止にもなります。

持ち運び時の注意

折りたたむ場合は、バルブとブーツのかかと部分にあて布をして本体を傷めない様にしましょう。ファスナーは「開けた」状態にします。

ドライスーツの洗濯について

ドライスーツは丸ごと洗うのが難しいので、インナーは長袖×長ズボンを着用しましょう。スーツが汗臭くなるのを防ぎます。どうしても臭いが気になる場合は、ブーツより上の部分を裏返して陰干しするか、薄めた中性の洗濯洗剤で洗います。この際、ブーツに水が入らないように注意しましょう。