ウェットスーツ、ドライスーツのフルオーダーメイド専門店 ジェノバ工房 池袋

 

ジェノバが心がけていること

はじめにお客様のお話をよくお伺いすること。使用目的や場所、ご予算もそれぞれ違います。一方的に店の意見を押し付けるのではなく、何がベストな選択肢になるかをアドバイス。お客様とスタッフで一緒に考えながら作れるお店です。もちろん相談だけでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

 

スーツはきついのが当たり前?この言葉がきっかけで、フルオーダーメイド専門店になることを決断しました

 

ウェットスーツオーダーメイド

立当初からオーダーメイドのスーツを作ってきました。ただ、その頃は、お客様と直接のやりとりはなく、ショップをはさんでの製作でした。そんなある日1人のお客様がわざわざ工房まで来て下さったんです。かなり熱心な方でスーツにもこだわりを持っていらっしゃったのですが、その時おっしゃった一言が「ウェットスーツはきついのが当たり前ですよね。でないと水が入ってきて冷たいし。。」

私は自分の耳を疑いました。なぜなら「スーツがきついのは当たり前」というのは大きな誤解だからです。でもショップへの卸をしている限りこのような誤解をされたままの方は増えていく一方です。

そのため、卸をやめてお客様1人1人と直接対話しながらスーツづくりを行う、フルオーダーメイドの専門店になることを決めました。

 

きついスーツは当たり前?

ついスーツというのは当たり前と思っていらっしゃる方もおられますが、実際には着るのが大変な上に、着用している間は締め付けられる圧迫感で苦しく、ひどいときは貧血を起こす事もあります。反対に、ゆるすぎると水の出入りが激しく、体温が下がり疲労しやすくなり、いつもより早めに切り上げなくてはならなくなったりします。

では、快適なスーツとはどんなものでしょうか?

 

ウェットスーツオーダーメイド

快適なスーツってどんなもの?

れは自分の体型に合っているスーツです。そういうと「洋服のように既製品でも自分の体型に合えばいいのでは?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし洋服とは違って、ウェットスーツとなると水中で使うものですから、肌にぴったりのサイズでないと、なかなか思うような快適さは得られません。これはウェットスーツだけでなくドライスーツにも言えることです。 そのため、オーダーメイドが必要となるわけです。

しかしながら、『オーダーメイドであれば、必ず体型に合うスーツになるはずだ』、と思われるのは安易な結論です。例えば何十箇所も採寸してもらったからジャストサイズのスーツが出来上がるに違いないと期待していても、そうでない事が実際にはあるのです。

 

匠の目と技術

故そういうことが起こるのでしょうか?
原因としてまず第一にあげられるのは、思っているより一人ひとりの体型は違うからです。特に同じ人でも左右の体型が異なることもあるため、細部まで採寸をする必要があるのですがあまり理解されていません。

次に、採寸をしている人とスーツを作る人が異なるケースです。現在自社工場製造とうたっているショップは多いですが、実際に採寸する人とスーツを作る人が同じところはほとんどありません。

スーツを作る際には、必ず型紙をおこします。型紙はいわゆるスーツの設計図であり、採寸結果だけでスーツを作る事は可能ですが、人の体型は普段の生活習慣によってそれぞれ特徴が出ている場合が多いので、この部分に対する微調整が必要なのです。しかし、それは決められた採寸箇所だけではわからず、経験をつんだプロの目で見て初めて臨機応変な対応が可能だからです。

 

ジェノバ工房ではお客様ごとに、必ず型紙をおこします。一人としてまったく同じ体型の人はいないからです。また、生地の厚み、用途、タイプなどによっても型紙の取り方が変わってきます。

 

ジェノバのこだわりと使命

ウェットスーツフルオーダーメイド

ェノバ工房ではスーツの製作者たちが直接お客様と会話しながら採寸を行うため、こういった一人ひとりの体型にある微妙な違いを型紙で表現する事ができます。ここまで来るのに数年かかり、更にお電話でオーダーを頂く際にも間違いのない採寸を行うための技術を身につけるために更に数年。これまで3万人を超すお客様との対話から生まれた独自の型紙製作の技術で、ユーザーそれぞれの希望に適った最高の着心地のスーツをご提供できるのです。

 

40 年間、すべてのお客様のスーツについて自分のスーツを作る気持ちで作ってきました。お客様一人ひとりのお悩みを解消したり希望を叶えたりできるスーツ作りが私達の使命です。

 

 

 

スーツ作り40年4万着を超える一人ひとりに合ったスーツを世に送り出してきました